About

サチン・チョードリー
Sacin Chowdhery

1973年。ニューデリー生まれ。

日本企業のインド事業開発支援、マーケティング支援、M&Aアドバイザリーを業務とするアバカス・アドベンチャー・ソリューションズ代表取締役会長。
そのほか、経営コンサルティング会社、IT関連会社など、いくつもの会社を経営。神戸情報大学院大学では教鞭をとる。

幼少時に外交官の父親に釣れられて初来日、バブル期の東京で過ごす。
帰国後も当時のきらびやかな印象が忘れられず、1966年に再来日。
言葉の壁や差別など不遇の日々を送るが、印僑大富豪から「ジュガール」の教えを受けたことが大きな転機に。いままでは母国印度はもちろん、日本、アジアでも数多くの事業を成功に導く実業家。

パナソニックやアクセンチュア、日産、NEC、富士通、横河電機、三井住友銀行コンサルティング、神戸製鋼、JTB、東芝、日立など大企業での異文化経営・異文化戦略を指導する国際コンサルタントとして活躍。

著書には、『大富豪インド人のビリオネア思考』(フォレスト出版)、共著として『WORLD-CLASS LEADERSHIP』(World Scientific Publising)、『新興国投資 まるわかりガイド』(日本実業出版社)がある。 テレビ東京「カンブリア宮殿」、日本テレビ「NEWS ZERO」「news every」、フジテレビ「なかよしテレビ」など、テレビ出演も多数。