Product Details

本 / Book

大富豪インド人のビリオネア思考

1,500(税別)

壁やトラブルにぶち当たったとしても、それを乗り越える解決手段が必ずあります。

それが「ジュガール」。ジュガールは、インドにおいてマハラジャの時代から広く知られている問題解決ソリューションです。

 

また、言い方を変えると、少しだけ発想と行動を変えるだけで人生もビジネスも圧倒的に逆転する、マインドをイノベーションする考え方だともいえます。

 

いまやジュガールは、最先端の成功メソッドとして、全世界的に注目を浴びるようになってきています。注目を集めているいちばん大きな理由は、多くの億万長者が華々しい成功をおさめているせいでしょう。

 

インドだけでなく、アメリカやヨーロッパでも、ジュガールを使うことによりたくさんのビリオネアやミリオネアが誕生していて、その成功法則のシークレットに対して多大な関心が寄せられているのです。アメリカではすでにジュガールに関する書籍も売り出されていて、その本には、日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが推薦文を寄せています。

 

「Harvard Business Review」の記事では、次のような出だしでその注目度の高さをうかがわせます。

「われわれは先日、ムンバイで開催された世界経済フォーラムのインド経済サミット2011に出席し、イノベーションを主題としたいくつかのパネル討論やワークショップで議長を務めた。そしてそこで、イノベーションへのあるユニークなアプローチについての洞察を得ることとなった。それは『ジュガール(jugaad)』と呼ばれ、インドのような複雑な新興市場で起業家や企業が実践しているものである」

 

それに、私に言わせればスティーブ・ジョブズも、ビル・ゲイツも、稲盛和夫さんや孫正義さんも、世界的な成功をおさめた経営者はみなさんジュガールを使っているのです。ご本人たちはジュガールを使っていたことに気づかなかったかもしれませんが、彼らはみな天才ですから、成功や富、信頼を勝ち得るために何をすればいいのかを教わらなくともご存じだったのでしょう。

 

ジュガールには、成功を得るための叡智が凝縮されています。本書では、このシークレット・メソッドの素晴らしさを伝えしていきます。

目次

はじめに 億万長者集団「印僑」の秘密

・最強の武器「ジュガール」を使え
・なぜ印僑ばかりが儲かるのか?
・金なしコネなしがトップになる理由
・あなたは「三番目の王子」になれるか?

第1章 圧倒的に人生を逆転させる思考「ジュガール」

マインドをイノベーションする魔法の言葉「ジュガール」

・豊かな日本語でも表現できない「ジュガール」という言葉
・人生とビジネスを大逆転させる7つのKEY

徹底的に常識を疑えますか?

・1つ目のカギ「少ない力で多くの利益を得る」
・なぜガソリンが切れても商談に間に合ったのか?
・あなたは、ドロで冷蔵庫をつくれますか?
・異国の地で飛び込み営業開始! そして4カ月連続国内トップに

あなたには無限の可能性があるって信じていますか?

・2つ目のカギ「自分の枠を超えた発想で考え、行動する」
・臆病で怠惰なカタツムリたち
・日本は所詮「井のなかの蛙」止まりなのか
・サン= テグジュペリが描いた絵の秘密

預金通帳を見て、「まだ大丈夫」と思える人

・3つ目のカギ「やわらか頭で考えてピンチをチャンスにする」
・コップ半分の水であきらめる人、生き残る人
・「無い」から生まれる
・プライドにも質がある

成功へ続く「補助線」はあるか

・4つ目のカギ「シンプルに考える」
・どのリモコンを使いたい?
・一本の補助線の魔法

インド人の辞書に載っていない言葉

・5つ目のカギ「決してあきらめない」
・「コーヒーがない」喫茶室の風変わりな客
・損する人、得する人の特徴

日本人は怖がりすぎる

・6つ目のカギ「自分を抑えつけない」
・あなたの美点はビジネスでは不利!?
・CoCo壱の社長にアポ無し電話
・じつは「出る杭」は打たれない

この高揚感をぜひ味わってほしい

・7つ目のカギ「セルフ・エフィカシーを大事に育てる」
・「私に不可能なことはない」
・ウソ!?のようにチャンスが寄ってくる!

第2章 隠された能力を10倍引き出す仕事術

いいかげん、その仕事のやり方を変えませんか?

・絶対に思いつかないシロモノ
・カルロス・ゴーンが奮いたった!

過去の自分をバカらしく感じた!

・壁、壁、壁の毎日
・気にしすぎて動けない症候群
「ジュガールを使った」という感触とは?

ジュガール・ビジネスを成功させる必修科目

・誰でもモテモテになれる!
・交渉相手が自分のファンになった
・問題解決能力を磨く必修科目

いつまでペコペコを続けますか?

・必修科目1「販売力をつけて、顧客を自分のファンにする」
・勝者はいつも2人
・デキる人は格好よさから入る!

頭一つ二つ飛び抜けるための修業

・必修科目2「駆け引きのできる会話力と交渉力をつける」
・なぜ初めて会った内閣総理大臣と会話が弾んだのか?
・もしインド人が家電量販店に行ったら

ブレーキのない車を選ぼう

・必修科目3「即電話、即ビジネスのスピード力をつける」
・成功はスピードが命
・ラピッド・プロトタイピング手法
・ジュガールの使い道

第3章 幸運を呼び込むジュガール・マインド

明日から使えるマインド・イノベーション

・頭で理解するジュガールに価値はない
・4つのトレーニングメニュー

行動しなければ世界は変わらない

・知ったかぶりほど使えない
・売り上げが4億になった与沢翼氏へのコンサルティング

一番難しいアドバイス

・ステップ1「ジュガールを強く意識する」
・ジュガールを使うと失敗する!?
・なぜ人間には目が2つあるのか?
・「心の筋肉」って何?

「心」と「情報」と「人」の選び方と捨て方

・ステップ2「ポジティブ・パラダイムに入る」
・ヨガが生まれた国のメンタリティ
1.まず、朝起きたら
2.あなたが選ぶべき情報
3.人の取捨選択
4.好きになると仕事がデキる
5.ポジティブな環境

開かずの扉なんてどこにある?

・ステップ3「キーワード・マネジメントを習慣にする」
もっとも大切なワザ
1.あなたは本当のあなたか?
2.相手のかゆいスポット
3.縦横無尽な順応性
4.見渡せば可能性の扉ばかり

同じジュガールでもなぜ差が生まれるか?

・ステップ4「周りの人やチャンスの力を借りて、いい流れに乗せる」
・より大きな成功を手にするために
・広く、太く、でっかく
・小さな成功から大きな成功へ

第4章 なぜジュガールは、富と幸福を日本にもたらすのか?

日本復活へのビジョンを見よう

・〝夢の国〞はどこへ消えた?
・このまま朽ちていっていいのか?

干からびかけた欲望から芽を出そう!

・小さくまとまって生きるのも一つの選択ですが…
・先進諸国共通の悩みを解決するものとは?
・欲望のない人は悟るか、あるいは眠ったままか

西洋でも東洋でもない「第三の価値観」

・ジュガール、誕生
・西洋にも東洋にもない力とは?

なぜ、欧米諸国はいち早く取り入れているのか?

・ほかの国ではジュガールを何と呼ぶ?
・さすがにアメリカは早い
・サバイバルに勝つ種、負ける種

「勝利」「成功」「生き残り」で頭をいっぱいに

・勝ち残るソリューション「苛酷な状況でも闘える知恵を身につける」
・火事場の馬鹿力は嘘じゃない
・あなたは生き残る自信がありますか?

どうすれば「新しい世界の扉」は開くのか?

・つながるソリューション「狭い世界から広い世界へ」
・他人を蹴落とさずに勝つ方法
・「新しい世界」を見ずに死ねるか!

人生は一度きり

・もしも日本人がジュガールを使ったら
ジュガールがあれば怖いものはない!

おわりに