お金

お金持ちになる人に共通する3つの行動習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世の中には「お金に困っている人」と「お金に困っていない人」がいます。

お金で困っている人が現状に甘んじる理由は様々ですが、お金に困らず、世界でお金持ちになる人には国籍を問わず共通する習慣があります。

「もうお金に困りたくない」「将来、お金持ちになりたい」と少しでも思っているのなら、まずは、お金持ちに共通する行動習慣を真似てみることが成功する近道です。

ここでは、お金持ちになる人に共通する行動習慣を3つの視点からご紹介します。

【目次】
お金持ちの行動習慣1|「お金」に対するマインドを変える
1-1.お金持ちは「お金の固定観念」を捨てる習慣を持っている
1-2.お金持ちになると新たな選択肢が増える
1-3.年代別|お金との正しい向き合い方と習慣

お金持ちの行動習慣2|心身の健康を作る
2-1.夜型よりも朝型の習慣を
2-2.お金持ちほど運動習慣を持つ
2-3.お金持ちは好物を食べる習慣を作る
2-4.お金持ちは緩急をつけた習慣を作る

お金持ちの行動習慣3|「ポジティブ」を追求する
3-1.とにかくポジティブ思考の習慣を作る
3-2.悪い波動からは距離を置く習慣を持つ
3-3.好きなものに取り組む習慣を作る
3-4.「チャレンジしたことが成功」と考える習慣を持つ

 

お金持ちの行動習慣1|「お金」に対するマインドを変える

rich-habits1「もっとお金があったら」という欲求や願いは多くの人が思っています。

しかしながら、日本人はお金に対してアレコレと言葉にすることを嫌う国民性のため、「お金持ちになりたい」という自分の欲望に蓋をしてしまう人がたくさんいます。

ですが、「もっとお金が欲しい」という気持ちがあるのなら、まずはそのことを正直に認めることです。自分の中でその欲望を肯定してあげるだけでお金に縁のある人に変わり始めます。

そのためにも、お金に対するマインドをポジティブに変換する習慣付けが何よりも大切です。

1-1.お金持ちは「お金の固定観念」を捨てる習慣を持っている

1-1-1.お金の話=「悪」ではない

money-finance日本人は「あの人はすぐにお金の話をする」などと言ってお金の話をすることを、はしたないものだと思ってしまう傾向があります。

ですが、お金持ちになりたいのであれば、ネガティブな固定観念を捨てる習慣を持つことです。お金を嫌っていると、お金にも嫌われてしまいますので、お金を好きになることから始めることです。

特にお金は、お金のことが好きな人のところに集まります。お金のことを考えるのも、お金のことを話すのも、決して悪ではありません。

1-1-2.お金持ちの人=「悪」ではない

rich-man日本人は、お金持ちに対して「成金だ」とか「裏で悪いことをしてお金を稼いでいる」とか「お金持ち=悪」という図式に当てはめてしまいがちです。

確かに、あくどい方法でお金を稼いでいる人も一部にはいるかもしれません。ですが、多くの人は社会に価値を創造し、その対価の量としてお金を稼いでいます。

それだけでなく、稼いだお金を寄付や社会に貢献しようと還元していくお金持ちもたくさんいます。

お金に対するマインドを変えるためには、「お金持ち=悪」という固定観念は捨てて、お金を稼ぐことは素晴らしいことだという意識面にフォーカスする習慣をつけておくことです。

1-2.お金持ちになると新たな選択肢が増える

1-2-1.お金は人生の可能性を増やすもの

rich-habits1-2-1お金は生きていくために必要なものです。また、人生の可能性選択肢を増やすことができます。

ご飯を食べたり、ちょっと休憩にカフェでお茶をしたり、仕事用にスーツを新調したり、と私たちは日常のあらゆるシーンでお金が必要です。

さらにもっと視野を広げると、身近な人を救ってあげたり、世界の国々で抱えている問題を解決したり、世の中に面白いことを発信していけるという、お金がそれを叶える手段となります。

プライベートでもお金があるから海外旅行に行けますし、日々の休暇を価格に関係なく楽しむことができます。お金は何かを実現するための手段であり、自由を謳歌するツールです。

1-2-2.お金持ちは人を喜ばせる習慣を持っている

rich-habits1-2-2このように、自分のためにお金を使うことよりも自分以外の人にお金を使うことのほうが喜びも大きいということが分かると、お金持ちに一歩も二歩も近づけます。

お金持ちは人を喜ばせる習慣を持ち、多くの人を喜ばせた結果として、お金持ちになれたのです。

1-3.年代別|お金との正しい向き合い方と習慣

1-3-1.10代から30代までの正しいお金の向き合い方と習慣

お金持ちになるには、年代別のお金との正しい向き合い方を実践して習慣化しておくことです。

10代|お金の向き合い方と習慣

environmentまずは10代。環境や友達選びを大切にしましょう。

いくつになってもお付き合いする人を選ぶということは大切ですが、若いうちから友達選びをコントロールしておくと他の人と差を付けることが出来ます。

環境や友達選びのポイントは、「その環境や人から学ぶことがあるかどうか」。

上昇できる環境作りを意識しながら、尊敬出来る人や良い刺激を受ける人を友人にしましょう。

20代|お金の向き合い方と習慣

rich-habits1-3-20次に20代ですが、先輩から多くを学ぶようにしましょう。20代のうちにどれだけ背伸びして学ぶことを習慣化することが、お金持ちになるためには重要です。

仕事で誰よりも結果を出したいのなら、仕事が出来る先輩の真似をする。もっと高みを目指すのなら、異業種交流会やセミナーに積極的に参加して、起業家や成功者など一流の人に触れる機会を増やすことです。

人生を変えるエネルギーや刺激、何らかのきっかけ、糸口、突破口が見えてきます。

30代|お金の向き合い方と習慣

strategy30代は視点が自分から家族へと変わっていく重要な時期。

これまで学んできた経験を自分の武器として実践していく環境を作ります。お金を増やすビジネスモデルや投資、起業も視野に入れて何パターンもの戦略を設計してみます。

具体的なやり方が見つからない場合は、各テーマや目的、ゴールをざっくりでも決めて、その分野の一流のやり方を参照枠に入れていくことです。

1-3-2.40代から50代以降の正しいお金の向き合い方

40代|お金の向き合い方と習慣

life-balance-chart40代になると子どもの教育資金の問題に直面する人も多いと思います。

学資保険や教育ローン、奨学金制度などの勉強をしつつ、出来る限り子どもの教育に投資をすることが大切です。支出が増える時期だからこそ、小額でも良いのでお金に働いてもらいながら、仕事や投資など自分に合う方法でお金を増やすことを考えましょう。

50代以降|お金の向き合い方と習慣

50代以降は、自分たちの老後をしっかりと熟考する時期です。

これまで培ってきた知見経験を活かし、投資をしたり、起業したりしてお金を作ることに注力しましょう。老後のことを心配しすぎるよりも、老後にどれだけお金が掛かるかを試算してその分をしっかり稼ぐという意識を持つことが大切です。

お金持ちの行動習慣2|心身の健康を作る

body失ってからその有り難みに気がつくものと言えば、健康です。

お金持ちの人は、お金では買えない価値がある心身の「健康」を普段から意識しているため、自身の心身の健康作りやその習慣に余念がありません。

心身が健康であれば仕事もプライベートも楽しめてもっとお金を呼び寄せますし、逆に心身が健康でなければ仕事もプライベートも上手く行かなくなるため収入源は減り、医療費が掛るという負のスパイラルに陥ってしまいます。お金持ちの心身の健康を作る秘訣を学びましょう。

心身の健康づくりの基本としておすすめなのは、ウォーキングと瞑想です。

2-1.夜型よりも朝型の習慣を

2-1-1.朝は誰よりも早く起きる

morning-officeお金持ちの大多数は、朝型人間です。公私共に忙しいお金持ちは、空気がキリッと冴えて誰にも邪魔されることのない朝の時間を非常に大切にしています。

朝の時間は集中出来るので、その分、作業効率が非常に高くなります。気力体力が充実している朝だからこそ、朝イチで、重要な仕事を終わらせたり、大切な案件の判断をしたりすると、仕事が上手く回るようになります。

お金持ちになりたいのであれば、朝は誰よりも早く起きることです。

早起きして、軽い運動と食事と朝日でエネルギーチャージをしたら、その後は仕事に集中!夜にダラダラと仕事をするよりも、朝イチに起きて仕事に取り掛かるほうが時短でより良い仕事が出来るようになり、お金持ちに近づけます。

2-1-2.お金持ちが揃う早朝ミーティングに参加する

お金持ちは例外なく、朝に集います。大きな会社の重役会議などは朝の7時、8時からスタートするのが当たり前。起業家達の交流会も朝7時、8時からホテルで朝食を取りながら行われるのがよくあることです。

「朝7時からのミーティングなんて起きれないから行けない」とか「運良く寝坊せずにすんでも、コンディションが整わずに早朝ミーティング中はポンコツ状態になってしまう」なんて言っているようではお金持ちにはなれません。

「早朝から大事なミーティングに参加出来る」というのはお金持ちになるための必須要件ですし、お金持ちの人と仲良くなるための近道です。

2-2.お金持ちほど運動習慣を持つ

2-2-1.運動習慣を作ると幸せになる

gymお金持ちほど、定期的にジムへ行ったり週末はゴルフやカートを楽しんだりと運動習慣を持っているものです。

「運動は苦手だから」「仕事やプライベートの用事で疲弊しているので、運動なんて無理」と言っているようではお金持ちにはなれません。運動をすると、ダイエット効果はもちろんのこと、若返り効果やうつの予防効果などが期待出来ます。

また、運動をした時に脳内で分泌されるホルモンは、ワクワク感高揚感、達成感をもたらしてくれるので心が安定するという効果も期待出来ます。お金持ちになるには、心身を健やかに保ってくれる運動習慣を持つことは必須です。

2-2-2.運動で「縦横関係ない」繋がりを作る

networkお金持ちは、意識的にしろ無意識にしろ普段から情報収集や人脈作りをしています。

いつも通うジムで顔見知りになった人から有益な情報を得たり、またはその人がビジネスパートナーになったり。同じ会社でも接点がまるでない重役などと、ゴルフやカート大会がきっかけで可愛がってもらえるようになったり。

運動という共通の趣味さえあれば、縦横関係ない繋がりを作ることも可能です。仕事や成功は「人の縁」でもたらされるもの。お金持ちになるために、お金持ちとお近づきになるために、お金持ち共通の趣味である運動を趣味にしましょう。

2-3.お金持ちは好物を食べる習慣を作る

2-3-1.お金持ちは美食家

gourmetお金持ちは、例外なく美食家です。しかも、美味しいものを周囲の人と一緒に楽しむ食事の場が大好きだったりします。

忙しいからお金がないから毎日コンビニのお弁当というのでは将来お金持ちにはなれません。週末にまとめて自炊して美味しい食事をいつでも食べれるようにしたり、安くても美味しいお店を探す努力をしたり、自炊で節約出来た分だけちょっと背伸びして話題のレストランに足を運んだりして、美味しい食事をする習慣を作ることです。

お金持ちは美味しい食事に対する嗅覚が鋭いものです。苦労して得た美食情報は、将来のホームパーティーやお金持ち同士の交流で効果を発揮します。

2-3-2.お金持ちの隠れた食習慣

dietary-patternお金持ちは食への拘りが強く、ここぞという時に「My定番食」を持っています。

一流スポーツ選手が試合前にいつもの定番食を食べたり、歌舞伎役者が舞台中はいつもの定番食を食べたりするように、「いつもの同じ物を食べ続ける」というのはお金持ちの隠れた習性です。

こうした「My定番食」は、心身のベストコンディションを作ります。

自身の好物であるために食べると自分の気持ちを上げることが出来るというメリットがあり、また同じものを食べることで心身の不調をもたらさないというメリットもあります。

2-4.お金持ちは緩急をつけた習慣を作る

2-4-1.たまに息抜きをする

on-offお金持ちというと、ストイックな印象を持つ人も多いようですが、お金持ちほど緩急をつけるのが上手でたまに自分をたっぷりと甘やかす傾向があります。

普段は心身の健康のためにストイックにオーガニックの食事をしていたとしても、週末の家族や友人との食事会では特に縛ることなく美味しいと思える食事やお酒を存分に楽しんだり、たまにはジャンクフードや甘いものを解禁したり。

また、休暇中は仕事から離れてリゾート地への旅行を存分に楽しんだり。普段頑張って努力している分、たまに自分をたっぷりと甘やかすというバランス感覚を併せ持つのがお金持ちになるための秘訣です。

2-4-2.お金持ちは自己評価を高くする

self-assessment過去や現在にわたって、くよくよと自分の反省をしているようではお金持ちにはなれません。

日本人は反省が好きな国民性ですが、反省していると自己評価が下がってしまい何もチャレンジできなくなってしまいます。

反省はせずに、悪いところがあったとしても「自分は最高だ!」と自分への評価をよい意味で高くしましょう。

お金持ちの行動習慣3|「ポジティブ」を追求する

お金持ちになるためには、「良い渦の中にいる」ということが大切です。

良い渦の中にいると、次々と良いことが起こるし、悪い渦の中に巻き込まれてしまうと、次々と悪いことが起こってしまいます。

3-1.とにかくポジティブ思考の習慣を作る

3-1-1.本来のお金持ちには運も人も集まる

fortuneウジウジと考えすぎたりしてクヨクヨとネガティブな人はお金持ちにはなれません。楽観的で、不安や心配などが心にない人や環境に、不思議と運も人も集まってきます。

いつだって自分がポジティブのパラダイムに入るようにしておきましょう。自己成就予言といって、頭で考えたことやイメージしたことで実現力が高まります。

ネガティブなことで頭をいっぱいにするのではなく、朝からポジティブなことで頭をいっぱいにして運気も人気も味方にするのがお金持ちになるために必要です。

3-1-2.「ある」にフォーカスする

お金持ちには余裕があります。あれもこれもと欲をかくと、成功しても必ず失脚します。お金持ちになるには、今「ある」ものにフォーカスして、視点を変えてソリューションを見出すとともに、心を満たすことが大切です。

何かチャレンジする時には、出来ない理由を探すのではなく、出来る理由を探して建設的に物事を進めていくことです。「ある」にフォーカスすると、人生も仕事も工夫できるようになるため、少ないリソースからでも突破口が見えてきて、上手く回り始めます。

3-2.悪い波動からは距離を置く習慣を持つ

3-2-1.情報を目利きし、取捨選択する

choice普段生活していると、様々な情報に出会います。悲しいニュースを見聞きするだけで気持ちが萎んでしまうし、偏った情報を見聞きすると今自分が取り組んでいることに不安を覚えたりしてしまうという人は多いのではないでしょうか。

お金持ちになるためには、情報を目利きし、取捨選択する力を磨くことです。

例えば、ネガティブ思考に意識的にも無意識的にも陥ってしまう状況なら、悲しいニュースは出来るだけ接触する時間を意図的に減らしたり、ポジティブな習慣につながる状況を仕組み化し、心身やエネルギーに悪影響を及ぼさないようにコントロールします。

また、偏った情報を鵜呑みにして自分の努力を自分で否定してしまわないように、情報はソース源を確認したり自分で反論ポイントを探ってみたりするなどして、感情的にならずに論理的に洞察する癖をつけておきます。

お金持ちは、情報に踊らされることなく冷静に情報を目利きし、より良い選択をしているものです。

3-2-2.悪縁を遠ざける習慣を持つ

お金持ちは、付き合う人を選びます。そう言い切ってしまうと冷酷な響きがしますが、中にはストレスを故意に持ち込む人もいるために、幸せなお金持ちになるためには人と環境を他人に流されることなく、自らの意思で選ぶことが大切です。

具体的には、違和感を感じる人、悪口ばかりで何の発展もない人、ゴシップ話ばかりの人、愚痴を言い合う環境、自己中心的でネガティブ思考の人などには注意が必要です。

こうした悪縁は、心身の健康を蝕むだけでなく、ポジティブパラダイムにシフトできない流れを引き起こしやすくなります。

3-3.好きなものに取り組む習慣を作る

3-3-1.自分の得意分野を活かす

talent人には得意なことと不得意なことがあります。不得意なことも努力して克服しないとダメだと言う人もいますが、お金持ちほど自分の得意分野に注力して成功を収めています。

好きなことから取り組むと、気持ちも乗ってくるので、どんな苦労でも楽しむことが出来ます。不得意分野に掛けた3年間よりも、得意分野に掛けた3ヶ月のほうが、優れた成果を出すことも多々あります。

下手に不得意分野を克服しようと全方位努力するよりも、潔く得意分野に絞って自分の才能を伸ばすことが成功する近道なのです。

もし、不得意分野でやらなければならない事があった場合は、仲間やチームを作ってそれが得意で好きな人に任せることです。

そのためにも、自分が好きなこと、得意なことを徹底的に洗い出しましょう。最初は白紙に好きなように書いてもいいので頭の中からアウトプットしておくことです。

お金持ちは、自分の才能をよく知り、その才能を伸ばすことにフォーカスしたからこそ成功を手にしています。

3-3-2.自分の不得意分野は素直に人に頼る

上述でも少し述べていますが、お金持ちになるには「素直である」ことと「人に頼ることができる」ことが必要です。

自分の不得意分野をしっかりと見極め、その道のプロに素直に頼ると、成長スピードもアップするし、人と一緒にやり遂げたという心も満足感もアップします。

基本的にお金持ちはシンプル思考なので、「不得意なことは不得意」→「出来ないことは、その道のプロに教えてもらおう。助けてもらおう。」と素直に自分の不得意分野を認めて人に頼ることが出来るからこそ、次々と成功を収めて更にお金を稼ぐことができます。

逆に、「何でも自分でやり遂げる」という意固地なタイプや「自分だけ頑張っている」と自己犠牲ばかりの人は、その習慣を抜け出し、人を巻き込み習慣を身につけてください。

3-4.「チャレンジしたことが成功」と考える習慣を持つ

3-4-1.「失敗は当たり前」精神も大切

tryお金持ちは、リスクを取って何かにチャレンジしたからこそ成功を収めています。

何か新しいことにチャレンジする時は、「失敗したらどうしよう」と不安になったり、「どうせ失敗するから止めておきな」とストップをかける人が現れたりします。

ですが、お金持ちほど「失敗は当たり前」とか「失敗してもまた、一からやり直せば良い」とか「チャレンジしたことだけで成功」のように軽やかな考え方をします。

肩の力を抜いて自然体で正しい方向に進むことで確実に夢に近づきます。「失敗したらどうしよう」と躊躇せずに、何事も軽やかにチャレンジしましょう。

3-4-2.チャレンジを繰り返す習慣がお金持ちを引き寄せる

何かにチャレンジすると、上手く進まない時もあります。それは、「終わり」ではなく「やり方が間違っている」というサインです。

上手く行かないことを失敗と捉えるのではなく、お金持ちの人のように「もっと良いやり方や自分に合ったやり方があるはずだ」と前向きに捉えてチャレンジを繰り返しましょう。

こうしてチャレンジを継続出来る人にだけ、お金持ちへの道が続いているのです。

まとめ まずは「お金持ちの行動習慣」を真似てみること

お金持ちになる人の行動習慣を見てみると、驚くほど自分に素直な面が見えてきます。

お金に対するマインドを始め、気持ちをこじらしてしまうとお金持ちへの道は遠ざかってしまいます。まずは、上記のようなお金持ちの行動習慣を素直に真似することから始めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSで簡単に受け取る事が出来ます。

コメントを残す

*