成功哲学

超一流の成功者が実践する11の習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功者になるには、成功者を真似るのが近道です。学ぶことは真似ることでもあります。

「思考が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人生が変わる。」というような名言があるように、成功者の思考と行動を真似れば、誰でも成功者に近づくことが出来るのです。

そこで今回、超一流の成功者が実践している11の習慣を仕事、お金、人生に分けてご紹介します。

【目次】

成功者の仕事習慣
成功者の習慣1 自分の得意分野で勝負する
成功者の習慣2 仕事で成功する意志を持つ
成功者の習慣3 仕事で成功するために、正しく準備をする
成功者の習慣4 成功者は人脈を大切にする

成功者のお金習慣
成功者の習慣5 成功者はお金の動きに敏感
成功者の習慣6 お金で買えないものにお金を使う
成功者の習慣7 物欲に左右されない
成功者の習慣8 収入源と投資先は複数確保している

成功者の人生習慣
成功者の習慣9 シンプルに生きる
成功者の習慣10 成功者は運が良いと信じる
成功者の習慣11 頭を空っぽにしてリラックスする

成功者の仕事習慣

workまず最初のステップとして、成功者の仕事習慣を真似してみましょう。

多くの人にとって、仕事は人生の大部分を占めます。ただ流されるように仕事をするのではなく、成功者の真似をして成功者になったつもりで成功者のように仕事をしてみることです。

一流の成功者は、間違いなくハードワーカーの経験を持っていたりしますが、自分で主体的に仕事を選んで無心になって仕事をしているので、ストレスなく仕事を楽しみ、その結果として非常に優れた成果を上げることが出来ています。

成功者の習慣1 自分の得意分野で勝負する

自分が熱中できる分野を仕事にする

enthusiasm成功者になるためには、仕事選びが肝心です。

「給料が良いから」とか「世間体が良いから」というように条件や人の目を意識した仕事選びではなく、自分自身が情熱を傾けられる分野を仕事に選びます。

仕事を決めてから仕事を好きになるのは中々難しいものです。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きなことを仕事にすると、成果を上げやすく、しかも疲れやストレスを感じにくいのです。

中には「好きなことを仕事にしようなんて虫が良過ぎる。好きなことは趣味程度に留めておくべきだ。」という人もいますが、他人の目は気にしないことです。

得意じゃないことは堂々と人にお願いする

connection仕事選びに関しては、自分が好きなこと(得意なこと)と嫌いなこと(不得意なこと)をしっかりと分析して把握しておくことが大切です。

嫌いなことや不得意な分野を、我慢しながら一生懸命に取り組む必要はありません。不得意な分野は、思い切って堂々と人にお願いするようにしましょう。

成功者ほど、「好きなものは一生懸命取り組むけど、嫌いなことはしない」という自分本位とも言えるような仕事観を持つ人が多いのです。人は頼られたりお願いされたりすると案外嬉しいものですし、何でも一人で出来るオールマイティーとは裏を返せば「ただ平均的な人」でもあります。

得意分野では最高に優れた人だけど、不得意な分野はダメダメなので周りに助けてもらっているという愛される成功者を目指しましょう。

成功者の習慣2 仕事で成功する意志を持つ

「自分が成功する」ことを疑わない意志力

success-will成功者の特性として、ポジティブ思考、ナルシストなどが挙げられます。人はポジティブな思考をするとポジティブなことを招きやすく、ネガティブな思考をするとネガティブを招いてしまうものです。

重要なのは、常日頃から24時間ポジティブなパラダイムに入ることです。そういった環境づくりをしながら自己管理する。

成功者は、楽観的で自分が大好きな人が多いので、自分が成功するということを決して疑わず信じているからこそ、がむしゃらに頑張って成功を収めることが出来ています。

自分は絶対に成功すると疑わない意志力を養いましょう。

賢くリスクを取る

choice2成功する意志を持つと、成功するために賢くリスクを取ることが出来るようになります。

仕事で何か新しいことにチャレンジしたりする時、そこにリスクを感じ躊躇してしまう人が多いものです。ですが、リスクを取らずに新たな成功が見えてきません。

短期的なリスクは長期的な安定や成長を高めてくれる効果があるので、積極的にリスクを取って行動してみることです。

ただし、リスクを取って良いのは、リスクを正当化出来るだけの十分なメリットがある場合や、不確実性をリスクと混合してしまっている場合だけなので、何でもかんでもリスクを取ってチャレンジするのではなく、賢くリスクを取ることが大切です。

成功者の習慣3 仕事で成功するために、正しく準備をする

仕事で優れたパフォーマンスをするために、体を鍛える

training一流の成功者とは、自分を律する力のある人でもあります。

成功者ほど、常にベストなパフォーマンスが出来るように心身のコンディションに気を配っています。そして、心身のコンディションを整えるには、体を鍛えるのが一番効果的です。

毎日20分はウォーキングする時間を確保したり、週に1~2回はジムへ行ったりして体を鍛えると、心身ともに健康な状態をキープ出来て、自信もつくので、仕事にも好影響を与えることが出来ます。

絶えず勉強をし、自分に投資する

self-investment成功者は、好奇心旺盛で勤勉家な側面を持ち併せています。絶えず新しいことを知ろうと貪欲だし、自分の能力を上げるために自己研鑽を欠かしません。

不確実性の高い現代では将来に関して不安を感じている人も多いようですが、仕事や将来への不安を打ち消すには、勉強したり新しい刺激を取り入れたりして自分に投資することが必要です。

絶えず自分を高める努力をしていると、それに見合った仕事や幸運に巡り会うことが出来てきます。

成功者の習慣4 成功者は人脈を大切にする

成功へのチャンスは「人」にくっついている

network仕事で成功するには、人脈を大切にすることが大切です。

仕事というものは、必ず「人」を介してもたらされるものです。成功のチャンスは、必ず「人」にくっついているものなので、人との縁を大切にしましょう。

普段仕事でお付き合いのある人はもちろん、まだそこまで深い付き合いではない知人まで、ビジネスで得た人脈は財産なので、絶えずメンテナンスを施して大切にして行きましょう。

成功者は人を見抜くセンスがある

see-through成功者になるためには、人を見向く力も必要です。なりたい自分や成功を邪魔する人物とは出来るだけ深く関わらないようにしましょう。

例えば、悪口を言う人、愚痴が多い人、嘘が多い人などネガティブなエネルギーや思考を持つ人などです。

但し、自分自身が自分の器を大きくしようと努力していけば、自然とステージが上がり、そうした人との付き合いが無くなっていくので、意識して絶縁したりする必要はありません。

成功者のお金習慣

gold成功者の仕事習慣をマスターしたら、次は成功者が実践しているお金の習慣を真似しましょう。

成功者になるためには、お金を稼ぐことだけでは不十分で、生きたお金の使い方が出来ているということも必須なのです。

「成功者はケチケチしている」とか「成功者ほど、お金は使えば使うほど回って来るものだと信じている」とか、色々と言われていますが、実際の成功者はそんなに両極端なお金の使い方をしている訳ではなくもっとバランスの良いお金習慣を持っています。

成功者の習慣5 成功者はお金の動きに敏感

収支を常に見直している

balance-of-payments成功者は、もれなくお金の動きに敏感です。定期的に、自分の収支の見直しをしています。

反対に、成功者になれない人ほど自分の収支の見直しをしておらず、中には自分の支出でさえしっかり把握出来ていないという人もいます。

まず収入に関して言うと、成功者ほど転職時や査定時に、しっかりと給料交渉をして給料アップに繋げています。

また収支に関しても、定期的に見直しを実施し、携帯の料金プランの変更はもちろん、服飾費に飲食費、雑費など項目別に見直しすることで無駄な出費を減らすための改善をしています。

お財布の中身が整理整頓されている

「成功者は長財布を持つもの」と良く言われていますが、実際の成功者には二つ折り財布派の人も多いものです。

一般的に、現金派や験を担ぐ派の成功者は長財布、外資系金融勤務などで合理性を重視する派の成功者は長財布派が多いようです。

ですが、両者に共通するのは、お財布の中身がスッキリと整理整頓されているということ。お金の種類や向きを揃えたり、1日の終わりにはレシートや領収書をお財布から出すなど、ちょっとした手間を掛けているのが特徴です。

こうすることで、お財布に入っているお金が心地良い状態になるので、更にお金が入ってくるという風水的なメリットもありますが、お財布の中にいくら現金が入っているのか、そして1日の支出はいくらだったのか、ということを把握出来るという現実的なメリットもあります。

成功者の習慣6 お金で買えないものにお金を使う

自分にというよりも、大切な人に惜しみ無くお金を使う

成功者というのは、お金で買えないものにお金を使うのが特徴です。

お金を持つことや、お金で変えるものを所有したりすることも、仕事を頑張った報酬なのでしっかりと享受しても良いのですが、それと引換えに、お金で買えないものを失ってしまっては元も子もありません。

成功者ほど、家族や一緒に働く人達を大事にしており、自分のためにお金を使うよりも、自分の周囲にいる大切な人にお金を使う傾向が高いものです。

時間と健康にお金を使う

良好な人間関係はお金で買えないものですが、時間や健康も同じくお金で買えないものです。成功者は、失って初めて分かる価値あるものを大切にする傾向が高く、普段から時間や健康に対する意識が非常に高いのです。

例えば、時間短縮のためにタクシーを使用したり雑務専用のプライベート秘書を雇ったりと時間をお金で買うことも頻繁にしますし、普段から食生活に気をつけたりマッサージや定期検診を受けたりと自身の心身の健康のメンテナンスのための出費を惜しみません。

成功者の習慣7 物欲に左右されない

自分に自信があるので見栄のための消費をしない

成功者は、自分が熱中出来る仕事に真剣に取り組み、心身のメンテナンスもしっかりやっていて、良好な人間関係を楽しんでいるので、自分に自信を持っているのが特徴です。

自分に自信があるので、自分をもっと良く見せようと見栄のための消費をしません。

例えば、自分の収入に比べて不相応なブランド品や高級車、高級な家に自社ビル、を周りから良くみられるために買い求めるのは見栄による消費なので無駄です。

必要なものにお金を使うことは必要ですが、見栄のための消費をすることは成功者から遠ざかってしまうので要注意です。

物欲がないので、心から満たされている

物欲には限度がありません。物欲に左右されていると、「あれもこれも」と要求に上限がなく、いつまで経っても心が満たされることはありません。

成功者は、ものを買うことで心が満たされるのはほんの一瞬ということを知っているので、物欲を捨てて物欲に左右されないようにしています。

成功者の習慣8 収入源と投資先は複数確保している

権利収入を確保する

成功者は、お金の有り難みを知っているし、人生や生活の基盤がお金ということを誰よりも実感しています。

だからこそ、会社からの給料だけに収入を頼っているという状況を不安定だと考え、収入を自分でコントロールすべく収入源を複数確保していたりします。

不動産を購入して家賃収入を得たり、Webメディアを作って広告費を稼いだり、給料とは別に権利収入を確保しておくのもスマートなお金の稼ぎ方です。

投資先の分散をしている

成功者は、投資先を分散しているものです。

例えば、資産の一部は米ドルで保有したり、海外の銀行口座に預けたりしています。獲得したお金を日本で保有しておくだけでは安心とは言い切れません。資産に余裕が出来たら、資産の半分は海外で保有するようにリスク分散をしておくことが大切です。

成功者の人生習慣

成功者の習慣を、仕事編、お金編と見てきましたが、最後の項目は成功者の「人生習慣」です。

好きな仕事でお金を稼ぎ、生きたお金の稼ぎ方が出来ていても、それらは全てではありません。心が満たされる最後のピースは、「どのように、より良い人生を生きるか」ということなのだと思います。

成功者の習慣9 シンプルに生きる

思考をシンプルに

成功者の思考というものは、驚くほどシンプルなものです。

例えば、「好きだから好き」とか「自分でコントロール出来るものではないので、考えない」と言った具合に、一見子どもっぽいとも言えるくらいに究極までにシンプルな思考法を持っているのが特徴です。

成功者のように、シンプル思考を実践すると、自分が本当に必要としているものや自分の心を満たすものがだんだんと分かってくるので、自分の目標や夢に近づくための努力が出来るようになります。不必要なことに心を惑わされたりすることがなくなります。

手放すことの重要性

成功者のシンプル思考を実践すると、自分にとって不必要なものが何なのかが分かるようになり、不必要なものを手放す潔さを持てるようになります。

例えば、自分をダメにしてしまう悪習などの形のないものから、悪い記憶を呼び起こしてしまう服や持ち物などの形のあるものまで、思い切って手放すことが出来るようになります。

何かを得るためには、何かを手放さないといけません。ものだけでなく、自分の気持ちや癖なども不必要なものは手放してみることをおすすめします。

成功者の習慣10 成功者は運が良いと信じる

運が良いは、成功の一要素

成功者に成功の秘訣を聞くと、「運が良いから」という答えが返ってくるということが良くあります。

実際に、成功者は自他共に認める「運が良い人」だったりします。重要な仕事を任せる人や、普段一緒に過ごす人は、運が良い人のほうがいいですし、普段から「自分は運が良い」と思ったり、時折口にしたりしていると、次第に結果が伴って来るようになります。

運を良くする努力も、実はしている

成功者には、朝型生活、運動習慣、シンプル思考などのおかげで、自分の置かれている環境はもちろん自身の心身もスッキリと快適な状態を保っている人が多くいます。

成功者が普段から意識していることは、実は風水的にも理に適っていることであり、運気アップに繋がる行動だったりするのです。

成功者には古風な性格をしている人が多いのですが、風水のように昔から良いと言われているものを自分の普段の生活に活かしてみるという「素直さ」も、成功の秘訣です。

成功者の習慣11 頭を空っぽにしてリラックスする

気分転換が上手

成功者は、自分の気持ちをコントロールすることが非常に上手です。激務の中でも実践出来る、自分の気分転換方法をいくつか持っていたりします。

例えば、デスクでも5分間目を閉じてジッとするとか、近くのカフェに行ってボーッとするとか、会社内のジムで20分全力で走るとか、仕事以外の逃げ場所を持っている人は、心が折れたりすることがないので強いのです。

成功者に倣って、自分の気持ちが回復したり、心地良くなるための気分転換法をいくつか準備しておきましょう。

休む時は全力で休む

成功者は、「24時間365日仕事バカ」というイメージを持っている人もいますが、ダラダラ仕事をせずに休む時はしっかり全力で休むという成功者のほうが多いのです。

休みを取るということは、一旦仕事から離れて英気を養うことに繋がりますし、「そろそろ仕事したいな」というように仕事への意欲を痛感することにも繋がります。

土日の週末は仕事を離れて休みを満喫し、3ヶ月に1回くらいは2連休以上の休みを取って、定期的に心身リフレッシュのきっかけをつくることです。

まとめ 成功者の習慣を知るだけでなく、実際に真似て体感してみること

成功者の習慣を、仕事編、お金編、人生編と3パターンに分けて見てきました。失敗や不幸せにはいくつもの理由があるものですが、成功や幸せには一定の法則があるものです。成功者が実践している習慣を出来るところから真似をして、成功者に近づきましょう。知ることと体感することは違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSで簡単に受け取る事が出来ます。

コメントを残す

*